DSC_0024.jpg
   過去の日記はこちらに置いてあります。 幻視日記入口 | BBS | CONTACT |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
| Back to Today |
+ AMAZON RECOMMEND
ザ・ジャズ2012
ザ・ジャズ2012 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・クレイトン,クリスチャン・スコット,ベン・ウィリアムス,小曽根真,山中千尋,ニコラ・コンテ,ハクエイ・キム
ジャズ・ナウ2012
ジャズ・ナウ2012 (JUGEMレビュー »)
寺井尚子,ロン・カーター,井上銘,アヴィシャイ・コーエン,アンブローズ・アキンムシーレ,ビージー・アデール
Jam at Basie featuring Hank Jones [Analog]
Jam at Basie featuring Hank Jones [Analog] (JUGEMレビュー »)
ハンク・ジョーンズ,デイヴィッド・ウォン,リー・ピアソン,レイモンド・マクモーリン
ライヴ・イン・マルシアック1993
ライヴ・イン・マルシアック1993 (JUGEMレビュー »)
トミー・フラナガン,ハンク・ジョーンズ,ハイン・ヴァン・デハイン,アイドリース・ムハマッド
生命とはなにか―バクテリアから惑星まで
生命とはなにか―バクテリアから惑星まで (JUGEMレビュー »)
リン マーギュリス,ドリオン セーガン
プリマドンナ
プリマドンナ (JUGEMレビュー »)
フィリッパ・ジョルダーノ
ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living
ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living (JUGEMレビュー »)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith
ベニシア素晴らしい本をありがとう!
永遠のカンパネラ~ザ・ベスト・オブ・イングリット・フジコ・ヘミング
永遠のカンパネラ~ザ・ベスト・オブ・イングリット・フジコ・ヘミング (JUGEMレビュー »)
イングリット・フジコ・ヘミング,ショパン,リスト,ドビュッシー,シューマン,グリーグ,ベートーヴェン
ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法(初回プレス盤)
ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法(初回プレス盤) (JUGEMレビュー »)
ラリー・ゴールディングス,サム・ヤエル,ディーン・パークス,デヴィッド・ピルチ,ジェイ・ベルローズ,スコット・アメンドラ,ティル・ブレナー,ゲイリー・フォスター
I'm All Rightが少しでも君の心を癒すならそれでこのCDの役目は実る。
コスモポリタン・パレード
コスモポリタン・パレード (JUGEMレビュー »)
アカシモモカ
友達のモモカさんのCDが出ました。
PVはこちらhttp://oitaweb.tv/video/168
The Roy Haynes Trio
The Roy Haynes Trio (JUGEMレビュー »)
Roy Haynes Trio with Danilo Perez And John Patitucci
寺島靖国プレゼンツ ジャズ・スタンダード SAVOY JAZZ BAR
寺島靖国プレゼンツ ジャズ・スタンダード SAVOY JAZZ BAR (JUGEMレビュー »)
J・J・ジョンソン,ザ・ダグ・カーン・トリオ,レスター・ヤング,ケニー・クラーク,ビド・ムッソ,チャーリー・パーカー,デクスター・ゴードン,カーティス・フラー,ファッツ・ナバロ,アニー・ロス
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary (JUGEMレビュー »)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith
僕の知合いのベニシアが本を出した。とても綺麗な写真が一杯。是非興味の有る方は買って上げて下さい。
マクロビオティック「自然療法」
マクロビオティック「自然療法」 (JUGEMレビュー »)
久司 道夫
この本は僕にとって、食だけでなく森羅万象の法則を紐解いてくれる「バイブル」だ!
宇宙の秩序
宇宙の秩序 (JUGEMレビュー »)
桜沢 如一
無双原理による宇宙の秩序、生命の神秘を解き明かすワクワクする如一による最高傑作!
マクロビオティック健康法
マクロビオティック健康法 (JUGEMレビュー »)
久司 道夫
この本は僕の人生の指針として大切にしている本であり、僕の思想のバックボーンでもある。
+ 書籍の定期購読はこちらから
+ RECOMMEND CD AND MORE
+ ABOUT ME
Search this site.

スポンサーサイト
2018.02.06 Tuesday  -

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントを書き込む→ - | - |

人間ライブを無事終了。
2006.07.05 Wednesday 10:36 comments(10)
中田が引退して、ミサイルが6発?も打ち込まれて、寺島マスターも参加してくれた、昨日のぼくの人間ライブも無事に終えた。ホッ 
来店して頂いた皆様に感謝です。今回は大変有り難うございました。

17:00前にメグに到着。17:00過ぎからN&S社の小林さんとKT88PPのアンプのセッテイング。フォノ・イコライザーもぼくのGRADOクローンに変更。RCAケーブルと電源ケーブルの相性などを試す。早めに終えたので台湾料理の旺旺で夕食。食べていると携帯に電話。畑さんとSHUK'Sさん合流。小林さんをご紹介して、食事を済ませた後まだ40分もあったので4人で喫茶店「庭」で休憩。
10分前に僕だけ先にメグに戻る。すでにメグ仲間のお客様が4名程いらっしゃつていた。その後ぞくぞくとメグ常連というか僕の知合いが集合してくれた。感激!結局、小林さんのお仲間のお二人を含め20名様以上の盛況となっていた。で持って来たレコードとCDの半分位を消化。CDはMacBook Proに取り入れたロスレスの曲を内蔵のワイヤレス機能を使ってAirMac Expressまで無線で飛ばしそれをデジタルオーディオコネクターから光ケーブルで「お気楽!DAC」に繋ぎ、FMアコースティク 155プリに接続。要するにロスレスエンコーダを使用し、CDに迫る高いクオリティで音楽を送信した。実際、メグのCDプレーヤーで聴くよりも情報量は多い様に聴こえた。また最近リリースされた「Basie is Back」から「Segue in "C"」も鳴らしたがいままでメグではここまで大きな音だと五月蝿く感じるフルバンドだが、余裕で鳴るのには呆れる。やはり真空管KT88PPの100W出力は伊達ではない。


アナログはオルトフォンの針MC30Supremeで鳴らしたがボーカルは肉付きの良い豊かな音が出た。ただやはり既に出来上がったメグのシステムに割り込む様に入れたアンプとフォノ・イコライザーなどでは、やはり演奏の本来の深遠なニュアンスや鳥肌が立ち、感動に襲われる様な演奏は望むべくも無かった。やるとしたらWEのアッテネータを外してケーブル類を全部変更するなど大幅な見直しをしなければ無理だ。でもtaroさんのこんな感想を読ませて頂いてホツとする自分が居た。そしてとにかく今回のオーディオイベントの成功にご協力というよりもイベントの要のアンプを貸し出して頂き、遠い処をお運び頂いたN&S社の小林さまに只々御礼を述べさせて頂きます。有り難うございました。

今回はオーディオイベントと同時に、初めてJAZZに挑戦と云う事で、注目を浴びていた「プチ乙女芸術家・アカシモモカさん」が参加してくれた。手持ちキーボードでの伴奏付きで素敵でキュートな歌声をご披露してくれた。
モモカさん有り難うございました。


N&S社の小林さんから今回のKT88PPやプライトロンのトランスなどについて説明とご挨拶が有った。

アバンギャルドの横にセットされた綺麗なインディアンレッドのKT88PP。

N&S社の真空管アンプ+iPodの「OPUS-1」のデモもされていた。
色はカスタムカラーのフェラリーイエローだ。
ヘッドフォンで聴ける様になっていたが評判はかなり良かったようだ。

店内はほぼ満員だった。

手持ちキーボードで弾き語りしてくれたモモカさん。
曲目は「He's funny that way」
| コメントを書き込む→ comments(10) | MEG |

スポンサーサイト
2018.02.06 Tuesday 10:36 -
| コメントを書き込む→ - | - |
<< 7月4日は僕のメグでのイベントの日です。<< MAIN >> ご無沙汰してますが、あれやこれやオーディオやってます。 >>
 いやはや、お疲れ様でしたね。(^^;)

なかなかオーディオ機器の「人間ライブ」は難しいですべ。
| hata | 2006/07/06 5:23 PM |

どうも!
字句からしても、オーディオ機器の「人間ライブ」って、???ですものね。(笑)
まー Megの今の音よりは僕的にはアリの音だったのが救いかな?
| ジロー | 2006/07/06 7:29 PM |

 質問が一つ。
アナログはなぜあんなに「盤による差」が激しかったのでしょう?

パソコン出しはバシッとした音像で良かっただけに不思議でなりません。(^^;)
| hata | 2006/07/07 12:36 AM |

hataさん、おはようございます。
なぜアナログは「盤による差」が出たかですね?
お答えします。それは盤に音の差があるからです。音の極端に良いオリジナル盤もあれば日本盤のペラペラのもありましたから。
今回のシステムではその差をはっきり聞けるレベルにはなっていたのだと思います。ただしそこから先の心に訴えるエモーショナルな表現が出来ていませんでした。僕の家で聞くとその辺が良く出るので違いがとても気になりました。良い装置できくとレコードのレーベルによる差や録音技師による音の違いがハッキリ解ります。CDでもこの辺は同じ様に差があるはずですが。今回はあまり気にしていなかったので解らないですが。
| ジロー | 2006/07/07 6:36 AM |

 やっぱりそうでしたか。
何か、盤の差を超える表現力を持つシステムで聴く事の良し悪しを感じます。

 かえって盤の差が分からないシステムの方が、気楽に音楽を楽しめるのではないかとも思ってしまいますね。(^^;)

 メグでアナログを聴いた時の、当たり外れの理由は理解したのですが、ボーカル系はさほど差がなかったように思います。

これをアンプの傾向と思って良いのでしょうか?


 しかし、盤の差があるとは言え、あそこまでひどいんでしょうか。
僕の経験では、アナログに関して、盤による差がメグの時のような事はありませんでした。

 何か、他のもっと根本的な原因があるように推察するのです。

 パソコン出しの、アナログから焼いたボーカルが良かったのでなおの事そう思いました。

 話は変わりますが、コメントするのがめんどくさいシステムですね。(^^;)
| hata | 2006/07/07 4:52 PM |

>パソコン出しの、アナログから焼いたボーカルが良かったのでなおの事そう思いました。

えーと、パソコン出しのアナログのボーカルはぼくのところのガラード401+GRADOの針で直接CD-Rに昔に焼いたものです。そして今回そのCD-R をロスレスでiTunesに入れてそれをまたCD-Rに焼きました。なのでオリジナルのCD-Rに較べるとかなりロスがあります。でもこれがhataさんには良く聴こえたんですね。もっというとあの時はiTunesのエンハンスを真ん中より少し効かしていましたので、それがまたhataさん好みだったのかも。(爆)たしかにシャキっと聴こえるんですねーエンハンス効かすと。

あー忘れていましたが、最初ターンテーブルマットはパイオニアのを持って行って乗せましたが、音がマッタたりするので第二部からはメグの本来のターンテーブルシートに替えました。それで音は変わっては居ます。これが原因?
| ジロー | 2006/07/07 7:35 PM |

あー また同じ事、書きますが・・・
レコードは音の良いオリジナルは驚異的に良い音が出ます。ですので録音の少し悪いものとの差は激しいです。なのでその差をあまり体験していない人には盤による差が理解出来ないのかも。
| ジロー | 2006/07/07 7:43 PM |

 良く分からないんですが、そんなにバラツキが激しいと大変ですね。

 オリジナルと日本版にも差があるようだし、メグではどのようなラインアップだったのか分かりませんが、ひどいバラツキでした。
| hata | 2006/07/08 6:54 PM |

hataさん、どうも。
メグではバラツキが目立ちましたが、事前に家で同じものを聴いていますが、レコードの差はよく解りますがメグの様なバラツキは感じなくて皆それなりに楽しめる音なんですがねー。まーターンテーブルもアームもプリも違うので、短時間に全てのレコードを聞ける様に調整・チューニングするのは難しいですね。
| ジロー | 2006/07/09 12:01 AM |

 そうでしたか・・・(^^;)

何にせよ、とってもお疲れ様でした。m(_ _)m
| hata | 2006/07/09 7:00 PM |











Copyright (C) 2009 Studio Adept All Rights Reserved.