DSC_0024.jpg
   過去の日記はこちらに置いてあります。 幻視日記入口 | BBS | CONTACT | HOME
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
| Back to Today |
+ AMAZON RECOMMEND
ザ・ジャズ2012
ザ・ジャズ2012 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・クレイトン,クリスチャン・スコット,ベン・ウィリアムス,小曽根真,山中千尋,ニコラ・コンテ,ハクエイ・キム
ジャズ・ナウ2012
ジャズ・ナウ2012 (JUGEMレビュー »)
寺井尚子,ロン・カーター,井上銘,アヴィシャイ・コーエン,アンブローズ・アキンムシーレ,ビージー・アデール
Jam at Basie featuring Hank Jones [Analog]
Jam at Basie featuring Hank Jones [Analog] (JUGEMレビュー »)
ハンク・ジョーンズ,デイヴィッド・ウォン,リー・ピアソン,レイモンド・マクモーリン
ライヴ・イン・マルシアック1993
ライヴ・イン・マルシアック1993 (JUGEMレビュー »)
トミー・フラナガン,ハンク・ジョーンズ,ハイン・ヴァン・デハイン,アイドリース・ムハマッド
生命とはなにか―バクテリアから惑星まで
生命とはなにか―バクテリアから惑星まで (JUGEMレビュー »)
リン マーギュリス,ドリオン セーガン
プリマドンナ
プリマドンナ (JUGEMレビュー »)
フィリッパ・ジョルダーノ
ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living
ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living (JUGEMレビュー »)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith
ベニシア素晴らしい本をありがとう!
永遠のカンパネラ~ザ・ベスト・オブ・イングリット・フジコ・ヘミング
永遠のカンパネラ~ザ・ベスト・オブ・イングリット・フジコ・ヘミング (JUGEMレビュー »)
イングリット・フジコ・ヘミング,ショパン,リスト,ドビュッシー,シューマン,グリーグ,ベートーヴェン
ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法(初回プレス盤)
ハーフ・ザ・パーフェクト~幸せになる12の方法(初回プレス盤) (JUGEMレビュー »)
ラリー・ゴールディングス,サム・ヤエル,ディーン・パークス,デヴィッド・ピルチ,ジェイ・ベルローズ,スコット・アメンドラ,ティル・ブレナー,ゲイリー・フォスター
I'm All Rightが少しでも君の心を癒すならそれでこのCDの役目は実る。
コスモポリタン・パレード
コスモポリタン・パレード (JUGEMレビュー »)
アカシモモカ
友達のモモカさんのCDが出ました。
PVはこちらhttp://oitaweb.tv/video/168
The Roy Haynes Trio
The Roy Haynes Trio (JUGEMレビュー »)
Roy Haynes Trio with Danilo Perez And John Patitucci
寺島靖国プレゼンツ ジャズ・スタンダード SAVOY JAZZ BAR
寺島靖国プレゼンツ ジャズ・スタンダード SAVOY JAZZ BAR (JUGEMレビュー »)
J・J・ジョンソン,ザ・ダグ・カーン・トリオ,レスター・ヤング,ケニー・クラーク,ビド・ムッソ,チャーリー・パーカー,デクスター・ゴードン,カーティス・フラー,ファッツ・ナバロ,アニー・ロス
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary (JUGEMレビュー »)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith
僕の知合いのベニシアが本を出した。とても綺麗な写真が一杯。是非興味の有る方は買って上げて下さい。
マクロビオティック「自然療法」
マクロビオティック「自然療法」 (JUGEMレビュー »)
久司 道夫
この本は僕にとって、食だけでなく森羅万象の法則を紐解いてくれる「バイブル」だ!
宇宙の秩序
宇宙の秩序 (JUGEMレビュー »)
桜沢 如一
無双原理による宇宙の秩序、生命の神秘を解き明かすワクワクする如一による最高傑作!
マクロビオティック健康法
マクロビオティック健康法 (JUGEMレビュー »)
久司 道夫
この本は僕の人生の指針として大切にしている本であり、僕の思想のバックボーンでもある。
+ 書籍の定期購読はこちらから
+ RECOMMEND CD AND MORE
+ ABOUT ME
Search this site.

スポンサーサイト
2017.01.01 Sunday  -

一定期間更新がないため広告を表示しています

| コメントを書き込む→ - | - |

Jazz喫茶「Cafe Birzyy」訪問
2009.11.22 Sunday 18:16 comments(12)

Jazz喫茶「Cafe Birzyy」
喫茶店ではめずらしいゴトーユニットの4WayスピーカーとアンプでJazzが聞けます。
ゴトーシステムはSG38WNS,SG505TTx2+S150W1、SG370+S600、SG16TT、アンプもゴトー製


カウンターの方の景色はこんな感じ。

昨日は12月7日に吉祥寺にオープンしたJazz喫茶「Cafe Birzyy」を訪問。
一人では勿体ないので電話でお誘いして現地でUNICORNさんと落ち合う予定だったが、地元の僕が道が分からず迷ってしまい、携帯でナビしてもらって10分遅れで到着。
店内に入ると窓ぎわにUNICORNさんが既にコヒーを飲み干して待っておられた。(^_^;)
少しフリー系のJazzがかかっていて、店内はカウンターの席以外は満席。賑わっていた。
まだエージングが済んでいない性なのかもしれないが、とてもさわやかな草食系の音で淡白な精進料理の様な耳触りの良い音でGOOD!
店内ではおしゃべりOKなので皆さんおしゃべりに花が咲いていてガヤガヤ。音に集中出来ないがここは仕方ないのかも。音量も会話の妨げにならないように控えめなので、ゴトーシステムの本当の本領が引き出される状態でなかったのは少々残念だった。こんど午前中にでも又お邪魔して大きな音で聞かせてもらおうと思う。


外から見た「Cafe Birzyy」
東京都武蔵野市吉祥寺の東急イン近く(駅から徒歩で4分程度)



| コメントを書き込む→ comments(12) | Jazz喫茶訪問 |

「喫茶茶会記」訪問
2007.08.06 Monday 06:32 comments(3)

カウンターの向こうの福地マスター

昨日は四谷三丁目の「喫茶茶会記」に行きました。
「喫茶茶会記」はModalbeatsの福地さんが喫茶店をやりたくて会社を辞めて始めた、Jazzを聴いたりアートを語ったりする憩いのサロンです。詳しくはこちらをご覧下さい。
場所は四谷三丁目の駅から歩いて5分の新宿区大京町2-4 サウンドビル1F。と云うことは「音の隠れ家」と同じビルです。実は「音の隠れ家」の中山さんのホームページの製作と更新を福地さんがやっていらしゃると云う関係で親しくされていたので、喫茶店を始めるにあたり一部場所を中山さんのご好意で借りているという事らしいです。
当日は僕を含めて6人のお客様が入っていてそこそこの盛況のようでした。
兎に角「喫茶茶会記」はGOODMAN AXIOM150から流れる味の有るJazzが聞けるし、それで居心地が良くて長いこと居ても文句がでないのが良い!読書もよしタバコを吸うも好し、マスターとだべるも好しでご機嫌になること請け合いです。是非みなさんもお出かけ下さい。


Eddie、Mod両氏とセッションをしているマスター。楽しそうだ。


現在、画家「せきねちか」さんの最新作を展示中。なかなか素敵な質感だ。


オーディオ関係は
スピーカーは2系統
【MONO】 GOODMAN AXIOM150 ※一台構成+和製背面開放エンクロージャ
【STEREO】 B&W Signature805(タイガー・アイ)
アンプ Mcintosh MA2275 ※PhonoAMPもMA2275内臓を利用
レコードプレーヤー Thorens TD124(初期) + SME3009-S
カートリッジ Empire 4000D1  
CDプレーヤー YAMAHA CDR-HD1300(DAC CAMBRIDGE AUDIO DACMAGIC2)
| コメントを書き込む→ comments(3) | Jazz喫茶訪問 |

sound café dzumiとは一体なにか?
2007.07.08 Sunday 12:17 comments(8)



先日は吉祥寺駅の南口から5分のところに出来た「sound café dzumi」というところに行った。
此処は店主の泉秀樹さんが広告代理店(株)I&S BBDOを退社されてOther Voices, Other Silenceをキーワードとした「サウンド・イメージ研究所」の企画の一つとして運営されているフリージャズなどが聴けるスペースだ。経緯の詳細はこちら。かなりコアなレコード・CD ・書籍と泉さん自身の稀代な知識をコンテンツとしてクリエイティヴ・ミュージックの「半世紀の厚み」を伝承する「アーカイヴス」と「交流」の場と云う事らしい。
まだ3回しか行っていないがお話が勉強になるし、なによりレコードはかなり良い音が出ている。一度行ってみるべし。普通のJazzがノー天気なバカに思えて来る程、知的な世界。


マイクロの吸着ターンテーブルとアームはサエクにカートはオルトフォンの「kontrapunkt」。CDはWADIA16。プリはアキュフエーズのC-280。パワーアンプはベイシーでも使われているJBLのゲルマニュームアンプ SE401+クオード606のアンプ。スピーカーは2WayのRogers LS3/5A+JBL130でマルチアンプ駆動という布陣。

サウンド・カフェ・ズミ
場所は吉祥寺駅南口5分「武蔵野市御殿山1‐2‐3 キヨノビル7F(1Fがキヨノ自転車)」(地図
営業時間15:00〜22:00 
月曜 定休日





| コメントを書き込む→ comments(8) | Jazz喫茶訪問 |

Jazz喫茶「BIGBOY」訪問
2007.05.17 Thursday 09:15 comments(5)

今回はJazzMusic・CAFF・BARの「BIGBOY」に行ってきました。場所は神保町さぼうるの隣の角です。ディスクユニオンに行ったついでに寄る人が多いかも。オープンは去年でオーディオ機器はこんな感じ。
プリ:マークレビンソンNo.38L
パワーアンプ:Pass Laboratories (Aleph 3か4?)
CDP:WADIA6
レコードプレーヤ:多分THORENS TD-135
スピーカー:JBL4343B
音はメグ程ではないですがそこそこの音量で鳴っていて、会話は普通に出来ます。音色は爽やかでレンジはそこそこ過不足無く出ていて、長く聴いていても疲れません。重低音が店内で飽和しない様に調整されているのかな?ま〜迫真的なレコード演奏は期待してもダメですがお酒を飲みながらカップルでムーディーな時間を過ごすには最高のJazz喫茶かも?お客さんは結構入れ替わり訪れていた。かなり繁盛しているみたい。
※夕飯時に行くとこんな人が入り浸っている可能性あり。



| コメントを書き込む→ comments(5) | Jazz喫茶訪問 |

Jazz喫茶「Milestone」訪問
2007.05.11 Friday 09:17 comments(0)

昨日は高田馬場のマイルストーンに初めて行った。
マイルストーンはマスター自作のプリアンプとJBLのオリンパスに蜂の巣ドライバー・ツイーターに705、マッキントッシュのモノラルアンプ「MC30」、スピーカーコードにベルデンと云う感じ。
ここはJazzとレコードと古本が一杯のお店。
店内はマスターの笑い声とJazzの音楽が気持ち良くブレンドしていた。音は僕が行った時はBGM的に適度な音量。パリッとしたビンテージのJBLとマッキンの代表的な音で癒される。 満足!







| コメントを書き込む→ comments(0) | Jazz喫茶訪問 |
| 1/1 |

Copyright (C) 2009 Studio Adept All Rights Reserved.